加盟店募集

加盟ホテル・施設300ホテル・店舗以上、タクシー6500台、会員数35万人のホテル・旅館ネットワークにご参画しませんか!

ホテル利益の増加

大手ホテルチェーンの出店攻勢やネット予約による価格競争、出張の減少等ホテル業界を取り巻く環境は年々厳しさを増し、単独の独立系ホテルでは対処に限界のある時代となりました。 この状況下、「利益を創出する画期的な方法はないものか」と日々頭を悩ませている経営者が多くいらっしゃいます。

 BECホテルシステムは、この経営課題解決を解決するために開発されたホテルトータルサポートシステムです。

ホテルの経営課題

1.稼働率を上げたい! ⇒ 新顧客の獲得、既存顧客の固定化

カード会員
約350,000人!!
年間活動率約70%!!
(2010年1月現在)

【BEC・Rグランデが提供するソリューション】

  • 全国300施設での広告掲載(ホテルガイドブック・ホームページ)
  • 10万人への御社広告の配信(月2回)
  • BECトラベル(当サイト)への掲載(貴社ホームページのSEO対策も含む)
  • ポイント交換サイト(会員数200万人)への広告

2.客単価を上げたい! ⇒ 価格以外の価値観の創造、価格以外での差別化

  • 宿泊額に応じたお客様への価値の提供
  • お客様の月間・年間宿泊額に応じたお客様へのサービスの提供(フリークエントショッパーズプログラム)
  • 認知度(安心・安全)アップによるブランディングの構築

3.経費を削減する
  ⇒ クレジットカード・ネットエージェントの手数料の削減、物品仕入れの強化

  • 予約形態に応じたお客様への価値の提供
  • 貴社ホームページのアクセス・予約の強化
  • 他加盟店の仕入価格、条件等の情報収集
  • 全国185件以上でのBECホテル会共同仕入れによる大手ホテルチェーンに負けない仕入価格の獲得

4.運営手法の改善 ⇒ 情報収集の強化

  • ホテル会での内覧会・情報交換会への参加
  • 全国のホテル経営者、支配人との人脈の獲得
  • ホテル会社員交流研修への参加(研修テーマ:経営戦略、イールドマネージメント、ネットの活用法など)

お問い合せ・資料請求はこちら
株式会社パップ・ザ・セカンドコーポレーション
TEL:0957-78-1104

加盟ホテル様のメリット

このカードシステムはキャッシュバックを主体とした同業他社との差別化戦略、顧客情報によるマーケティング戦略、異業種とのネットワークを実現したシステムです(特許出願中)。

  1. 異業種による共通カードとして顧客の共有化を図る。
  2. 競合他社との差別化を図る。
    ⇒エリア毎の共同販促によるコスト削減。
  3. キャッシュバック効果による来店頻度、買い上げ点数、客単価の増加が見込まれる。
    ⇒地域、地元のお客様の固定化
  4. 顧客の固定化、囲い込みが容易に図れる。
    ⇒クレジットカードとの提携がありませんので、幅広い客層の入会が期待できます。
  5. 低経費で移動、委託管理でメンテナンスが不要です。
    ⇒スタンプ・ポイントカードと違い、販促経費のロスが最低限に抑えられます。

加盟ホテル様の声

ホテルエース盛岡 総支配人 越後様 ホテルエース盛岡 総支配人 越後 様

私 どもの加盟した最大の理由は、今後出てくるであろうチェーンホテル対策として入会しました。今までも自社会員カードを実施していましたが、幽霊会 員も多く単独で会員を集めることに限界を感じていた時に、ビジネスエリートカードを知り、東京での説明会に出席して即刻入会しました。
 また、当カードシステム以外にもホテル会という組織があり、全国の色々な方と知り合うことができ、勉強させていただける場としても価値があると考えています。
 東北にはまだまだ加盟店も少ないのが現状ですが、今の厳しい県境を勝ち抜くためには、非常に有効と思います。

芝大門ホテル 営業統括部長 佐久間様 芝大門ホテル 営業統括部長 佐久間 様

 2008年12月に、芝大門ホテルのホームページをリニューアルし、ホームページ会員は優待価格で宿泊ができ、さらにビジネスエリートカード会員はキャッシュバックも受けられるサービスをスタートしました。

 当ホテルは直販比率が8割と高いほうですが、ホームページ会員に加えて、ビジネスエリート会員の利用は10%程度。自社ホームページで最安値を保証することで、さらなる顧客の囲い込みと顧客満足の向上に、双方の会員システムが相乗効果を生んでいます。

 以前はクレジット会社との提携カードを発行していましたが、会員に安く部屋を販売し、販売手数料をクレジット会社に支払っていました。ビジネスエリートカードに切り替えてからは、販売手数料の削減によってコスト改善も実現できています。

私どものホテルは平成16年7月に加盟しました。それ以前は一定限度額までポイントが貯まるとキャッシュバックするという方法で、独自の会員カードを実施してきたのですが、会員数は1000名程度しか集まりませんでした。 それも、半数は幽霊会員です。
 その点、ビジネスエリートカードなら潜在的顧客数が格段に違う。中長期的な展望から加盟を決めました。運営面の手間も、自社で行うよりもはるかに少ないですから。
 現在カードの利用客は全体の5%ですが、 将来的には10%まで高めたいですね。そのために会員数を増やすべく努力中です。以前はフロントで勧誘しようにも、システムの説明に時間がかかることから なかなか積極的になれませんでしたが、今は客室に案内を置いてあることもあって、 お客様のほうから問い合わせてくださる。カードの世間的な関心と認知は高まっていると思います。

セントラルホテル野洲 オーナー 岩井様 セントラルホテル野洲 オーナー 岩井 様

全国への進出が相次ぐ大手チェーンホテルと同等に戦える組織は、国内最大の加盟数がある「ビジネスエリート」しかないと思います。予約検索がタウン ページからインターネットに変わってきたことで、利用客の行動とホテルのあり方が、都市部・地方に限らず変化しています。この変化のスピードに対応できな いと、ホテル経営には致命傷となります。また、その変化への対応には、顧客・情報両面での組織力が必要です。BECホテル会には全国のホテル情報があり、 26万人強の会員顧客がいます。これを自社でやるとなると、自らが大手以上のチェーン店を作る必要があります。 我々のような小さなホテルはこれを利用しない手はありません。
 実際に、ホテル会会合で入会挨拶をされる新規ホテルのコメントのほとんどが、大手ホテル進出の為といわれる所以です。
 ホテル会の運営もホテル自らが強化する組織です。自社だけでは不可能なインターネットの共同HPもこの組織で作成しました。
 入会以降、当ホテルも稼働率は上昇していて恩恵を受けており、共同仕入れも利用し始めコスト削減に役立っています。早く500ホテルにして大手チェーン店に負けない知名度と組織を作りたいと考えています。

商店街の皆様、小売業・飲食店・サービス業の皆様へ

地域・地元のお客様と一体になれるポイントカードシステムを導入しませんか? 大手商業施設の進出、チェーン店拡大の対抗策としてネットワークを利用した集客が不可欠であります。当社のエリアネットワークカードシステムは、効果の即 効性を高め、更に同一商圏内の競合店との差別化を図る為に、1商圏1業種1社に限定して加盟店の拡大を図っております。

お問い合せ・資料請求はこちら
株式会社パップ・ザ・セカンドコーポレーション
TEL:0957-78-1104

banner_campaing.eps20170502

campaing2016-2